建設業界で働く女性「ドボジョ」の活躍を知ろう!

>

女性の活躍の場が増えている?

ガジェット好きにも人気?

ドボジョとは、先述してきたように建設業界で働く女性のことを指す、最近生まれた言葉の1つです。
建設業界といえば男性社会のイメージが誰しもあるでしょうし、現在も確かにその傾向は強いですが、近年少しずつですが女性の就労希望者が増えています。

なぜこの業界を選ぶのか、理由は個人によってさまざまですが、中にはガジェット好きの女性が製造工程で機械に触る仕事がしたいという理由であったり、これまでの女性中心の職場環境に疲れたなどの理由から選ぶ人もいるようです。
建設業界といっても幅広く、ドボジョの活躍の場はこれからも広がる可能性があるので、上記のような理由で転職先を探す際の選択肢として加えてみても良いかもしれません。

技術系を目指す女性に人気

手に職という言葉がありますが、これからの社会で生き抜くためには女性も手に職がある方が良いのは自明の理です。
事務職などのデスクワークは需要が多いものの希望者も多く、飽和状態にあると言っても良いでしょう。
その中で頑張ってもなかなか報われないということもあります。
しかし、確かな知識や技術力があれば時代が変わっても少々のことでは需要は揺るがない、そういうものが今後必要なのかもしれません。
こうした考えから土木女子としてこのような業界で専門的に働くことを希望する女性が増えているのかもしれません。

建設業界で女性が働くことを国も推奨していますし、力仕事が必要な現場であるかどうかは職場によりけり、希望者には職場見学できる場合も多いのでチャレンジしやすい土壌が整いつつあるのではないでしょうか。


この記事をシェアする